5G用コネクタ:5G社会の実現に向けて

5G Header

新たなテクノロジーにより新しいソリューションを提供します

2019年、世界各国にて5Gの商用展開が開始されました。5G チップセットメーカーや通信機器メーカーをはじめ、通信に関わる全てのメーカーによる数多の努力が、この通信における大変革を支えています。5Gは、その研究の取り組み開始時から商用展開にいたるまで、何年もの歳月を要しました。また新しい技術の提供に成功し、世界を変えるまでの道のりには、いくつもの教訓的な失敗がありました。

コネクタは、電子機器に搭載される部品群において見落とされやすい部品です。
確かにLTEやWi-Fiモジュールのように機能を実行する部品ではないですが、コネクタは非常に重要な構成要素であり、コネクタにより信号の劣化や歪みを最小限に抑え、伝送することが可能になります。

モールス信号や電信の時代から、我々の生活にモバイル通信とWi-Fiが普及するまで、コネクタは通信機器において主要な役割を担ってきました。ここ数年、コネクタは小型化を中心に進化を続け、電子機器の設計において日々発生する問題を解決する手助けをしております。

 

I-PEXのMHF®は、シリーズを追うごとにフットプリントや嵌合高さの小型化を進めてきました。同時にVSWRや挿入損失(IL)で表される伝送特性も向上してきています。しかし、これまでの技術トレンドを継続しただけでは5Gの実現にはつながりません。5G用コネクタの開発に向けて、I-PEXのコネクタは更に進化しました。

5Gの登場によりモバイル通信で使用される周波数に大きな変化がありました。これまで使用してきたサブ6帯だけでなく、ミリ波にも対応が必要となる5G用コネクタには、優れた伝送特性だけでなく、優れたシールド性能が不可欠です。優れたシールド設計によりEMC性能を向上させ、EMIの減少に成功しました。

I-PEXは、5Gで採用されるミリ波帯とサブ6帯に対応するRFコネクタと基板対基板コネクタで、スマートフォン、ノートパソコン、モバイルルーター、AR/VRデバイス、CPEといった幅広い5G製品をサポートします。

検索:5G機器向けコネクタ

 

NOVASTACK®35-HDN コネクタ

NOVASTACK 35-HDN

NOVASTACK 35-HDNは、実装スペースの狭いスマートフォンやモバイルルーターに最適です。0.35mm ピッチ、嵌合高さ0.7 mmと小型であり、筐体内の限られたスペースを有効に使うことができます。特許取得済みの360度フルシールドデザインは、既存の基板対基板コネクタと比較して、EMIを大幅に減少させます。
15 GHz対応のNOVASTACK 35-HDNは、ミリ波をダウンコンバートして使用する5G製品開発のあらゆる課題を解決します。
NOVASTACK 35-HDNの製品ビデオはこちらをクリック

HDN ShieldingHDN S-para sim

 

MHF®7S コネクタ

MHF 7S

優れたEMC性能を備えたMHF 7Sは、超小型RF同軸コネクタに新しい価値を与えました。革新的なシールドデザインによって、EMIの発生を大幅に抑え、電子機器内を伝送されるRF信号がより密集するにつれ対策が不可欠となるノイズ干渉の問題を解決します。MHF 7SはEMIの抑制に優れていることに加え、嵌合高さ1.4 mm、レセプタクルサイズ2.0mm x 2.0mmと小型で、15GHzまで対応しております。(VSWR 1.5@15GHz)この優れたシールド性能をもつコネクタは、スモールセルやノートパソコン、CPEといった内部伝送で15GHz以下の周波数を用いるミリ波対応機器にとって理想的なコネクタです。

MHF 4L vs MHF 7SMHF 7S Parameter

 

MHF®7 コネクタ

MHF 7 200x200MHF 7は、これまでのどの超小型RF同軸コネクタも到達できなかった周波数をサポートします。MHF 7は、レセプタクルサイズ2.1 x 2.0 mm、嵌合高さ1.40mmという小型コネクタでありながら、45GHzで最大1.68VSRWという卓越した伝送性能を実現した結果、ミリ波をそのまま伝送可能です。MHF 7は、独自の技術を採用し、特性インピーダンスのばらつきを極限まで制御することにより、45GHzをサポートする既存のRF同軸コネクタと比較して省スペースで安価なソリューションを提供します。
MHF 7は、スモールセル、ノートパソコン、CPEなどミリ波をダイレクトに伝送する5G製品において最適なコネクタです。

MHF 7 vs MHF 4LMHF 7 S-parameter