コネクタの共通設計コンセプト

I-PEXコネクタの製品ラインナップには、複数の接続選択肢を設けた共通設計コンセプトを採用したコネクタシリーズがあります。

さまざまなディバイスへの汎用性が高いモジュール製品の場合、共通設計コンセプトのコネクタを採用することで複数の接続方式を選択することが可能になります。接続方式の選択肢が増えれば、モジュールがターゲットとできるディバイスの市場も広がるため、特に汎用性の高いモジュールを開発する場合、接続方法の選択肢が広い共通設計コネクタを使用することもご提案しています。

F_1.jpg
適応可能な電子機器の例

 

 

汎用性の高いモジュールのターゲット電子ディバイス市場例


例えばI-PEXのVSコネクタ(0.5 mmピッチ)シリーズは、同じ基板レイアウトで細線同軸ケーブルやFPCまたはFFC接続など、接続方式を選択することができます。

F_2.jpg

 

また、VSコネクタシリーズ(0.5 mmピッチ)とCABLINE®-CAコネクタシリーズ(0.4 mmピッチ)ではそれぞれの共通フットパターンでフルシールドコネクタ(ZenShieldTM)も実装することも可能です。
そのため、製品開発の段階でEMC問題が懸念される場合など、事前に共通フットパターンで評価基板を作成することで、一般的なシールドコネクタとフルシールドコネクタ(ZenShieldTM)を比較することができ、製品開発の初期段階からEMC対策コネクタの必要性を検証することが可能となります。

 

F_3.jpg
共通フットパターンを使用しているため、フルEMCシールドコネクタも実装可能

 

F_4_E.jpg

 

共通フットパターンのコネクタシリーズまとめ:

I-PEX VS シリーズ (0.5 mmピッチ, 水平嵌合タイプ)

 

CABLINE®-CA シリーズ (0.4 mmピッチ, 水平嵌合タイプ)

 

その他、ケーブルとFPCの2つの接続方式が選べるコネクタ:

  • DW-5 (0.5 mmピッチ、水平嵌合タイプ、ディスクリートケーブル/FPCコネクタ)
F_5_DW5.jpg
共通の基板コネクタを使用して
ディスクリートケーブル/FPC接続の選択が可能
  • CABLINE®-UY (0.35 mmピッチ、垂直嵌合タイプ、細線同軸ケーブル/FPCコネクタ)
F_6_CABLINE-UY.jpg
共通の基板コネクタを使用して
細線同軸ケーブル/FPC接続の選択が可能

 

 

共通FPC/FFC


I-PEXのオートロックFPC/FFCコネクタシリーズ(EVAFLEX®)には共通FPC/FFCデザインで、水平・垂直嵌合の選択が可能な共通設計コネクタもございます。FPC/FFCを変更することなく挿入方向が変えられるため、より幅広いディバイスへのモジュール適用が可能となります。

F_7_EVAFLEX.jpg
同じFPC/FFCを使用して水平・垂直嵌合の選択が可能

 

0.5 mmピッチ、オートロックFPC/FFCコネクタ:

 

0.5 mmピッチ、グランド端子付きタイプ、オートロックFPC/FFCコネクタ: